ネットワーク監視というのは技術が他にも必要

どんな資格があるのか

ネットワーク監視の仕事を目指すならばまずは基本情報技術者試験、というものを取得することです。むしろ、これを取得していないのにプログラマーは名乗ることができない、といえるくらいのものです。ちなみに、2000年度まで第二種情報処理技術者試験、と言う名前であったのです。こちらのほうがまだ馴染みがある、という人が意外と多いです。既にそれなりの年数が経っているのですが、それでもこの資格の二種という略称を今でも使っている人がいます。覚えておくとよいです。

他にも色々と資格がありますから

システム監査技術者、システムアナリスト試験、プロジェクトマネージャあたりはかなり難しい資格であり。これがあると採用されるときにかなり加点されることになります。もちろん、資格があれば、採用されるわけではないのですが、実力を見せるために必要なものであるといえます。資格があれば、最低限の知識は保証されている、ということになるからです。そして、当然ですがネットワーク監視技術者、というのも必要になってくることでしょう。

プログラマーでもあります

プログラマーとしては資格が必須です。別になくても出来ることは多いのですが、あったほうが高い評価を受けることができます。ですから、取得するわけです。これはネットワーク監視技術者にもいえることになるでしょう。様々な資格がありますから、目指してみることです。まず、最低限、プログラマーを名乗るのであれば、基本情報技術者は最初に取ることになります。ある意味ではプログラマーの登竜門的なものですから、まずはこれからです。

コンフィグ管理とは、インターネットの諸々の環境設定を、例えばIDやパスワードを、企業内の多数のパソコン等において一括して変更する方法です。