ネット誹謗中傷の被害拡大を抑える

匿名性が高いからこそ

ネットは、様々な便利なサービスを提供してくれる優れたものです。個人が自由に発言できる場でもあり、優良な情報なども溢れていると言えます。ホームページやブログでの情報発信、ソーシャルネットワークサービスでの情報発信、表現の自由はあるでしょうが、それによるデメリットとしてはネット誹謗中傷などが挙げられるでしょう。匿名性の高い状況では普段は言えないような言葉を言える人間も多くおり、心ない発言が飛び交い被害が拡大する事もあるかもしれません。

ホームページやブログの炎上

ホームページやブログでの情報発信を行っている場合には、余程の影響力のある方でもない限り個人においてはネット誹謗中傷の規模もそれ程拡大しない可能性があり得ます。しかし、それでも対策を検討しておいた方がいざと言う時にも役に立つかもしれません。コメント欄などが荒れてしまった場合には削除などを行うと良いでしょうが、不都合な事だからとただ削除するだけでは反感をかう可能性もあり得ますので、発言の自由も十分に考慮すると良いです。

ソーシャルネットワークサービスにおける炎上

ソーシャルネットワークサービスにおけるネット誹謗中傷においては拡散の危険性も増し、対策が遅れると取り返しのつかない事にもなるかもしれません。相手の挑発にのって反論すれば、かえって逆効果になってしまう場合もあり得ます。何が正しい対策かははっきりとは言えないような様々な状況があるでしょうし、発言にいちいち反応しない冷静さと謝罪などをする余裕も大切です。それにより早期解決も期待できますし、冷静な判断で対処していくと良いでしょう。

最近はネットを利用した匿名者の攻撃が増えてきているように感じます。これらに対抗するためにサジェスト対策専門の会社まで出てきました。