ホームページの作り方について

ホームページの作り方それぞれ

ホームページの作り方にはいくつか方法があります。

まずはHTMLやCSSといったプログラム言語を用い、ソースを記述することでウェブページを構築していく基本の作り方で、この作業をコーディングと呼びます。

次にホームページ作成ソフトなどを使用し、UI化されたアイコンやメニューから視覚的に操作をおこない作成する方法です。

最後は専門知識を持った業者に依頼する方法で、コストはかかりますがCGIやPHPなどの特殊な技術も導入できるので、非常に融通の効くホームページが作成できます。

コーディングする場合の作り方について

コーディングをするためには、HTMLやCSSに関する知識が必要となります。

補助ツールやコーディングをする上で、入力が楽になるソフトウェアなどもありますが、基本的には命令を実行させるためのソースコードを覚える必要があります。

現在では無料で閲覧できるホームページなどでも、ソースコードの書き方や構築の仕方などの解説がされており、独学で知識を覚えることも可能となっています。

ほぼ1から作るので作業量は多いですが、細かいところまで納得のいくまで作り込めるのが魅力となります。

ホームページ作成ソフトを使用する場合の作り方について

昨今ではHTMLやCSSの知識がなくても、アイコンやメニューといったUIを操作するだけで、手軽にホームページが作れるソフトウェアやインターネットサービスが多く普及しています。

文章や画像をウェブページに差し込むのも、アイコンをクリックするだけで簡単に挿入できるというお手軽さはありますが、細かい修正や融通が効かない場合があり、CGIやPHPといった複雑なシステムが導入し辛いというデメリットを持ちます。

現在ではソフトウェアで作成したページを、後からソースコードをいじりレイアウトを修正し直すという作り方も多くなっています。

ホームページ作成をしたい場合、製作会社に依頼しなくても無料で作成できるツールがあります。初心者でも大丈夫です。